夏影式アニメ映画レビュー基準

 

「アニメ映画でちょっとした幸せを」。

アニメ映画大好きブロガー夏影です。

 

皆様このブログにお越しいただきましてありがとうございます。またこのページを御覧いただきましてありがとうございます。このページはレビューの基準についてお話します♪

ブログの方針としては、最新のアニメ映画で観たものを掲載しつつ、合間に過去に観たアニメ映画のレビューを掲載してきたいと考えています。

あくまでもレビューは個人の主観になっているものですので似たような感覚がある方はぜひ参考に。感覚が違うな~という方はレビューの低いものを見ていただけると嬉しいです。

採点項目は原則的レビュー事項と変動的レビュー事項の2つを設けています。

夏影式レビュー配分

【原則的レビュー事項】

①ストーリー  40

②作画     10

③音楽     10

④演技     10

⑤惹き込まれ度 20

【変則的レビュー事項】

⑥その映画の特筆する部分 10

【合計レビュー評価】

50未満:時間を使う覚悟を

50〜69:時間があれば観てもいいかな

70〜79:時間をかける+αの価値あり

80〜90:観るべき&感動を与えてくれる

90〜100:間違いなく観るべき&人生に影響を与えてくれる

 

夏影式レビュー観点

私なりのそれぞれの観点をお話します。

①ストーリー

作品のストーリー性のレビューになります。作品はストーリーがあってこそと考えているため配分を大きくしています。ストーリーの展開、内容、齟齬等がないか等私なりに観て判断していきます。

個人的にどんでん返し、キャラクターの心情に沿ったストーリー展開等が好みです。あと特筆するのであれば基本的にハッピーエンドが好きです。

「20」を普通基準として、加点、減点の方法です。

②作画

作品通じての作画のクオリティのレビューになります。アニメ映画が主になるため採点基準として追加しています。キャラだけではなく背景、世界観等もこの部分に含まれています。個人的にはやっぱりキャラがあってこそだと思っているのでそこの部分が大きいです。

「5」を普通基準として、加点、減点の方法です。

③音楽

主題歌、劇中歌、エンディングの音楽のレビューになります。作品にマッチしている音楽かという部分を中心に観ていきます。個人的には作品にマッチしていれば歌声有りの考えをもっています。逆にマクロス等は歌声が無ければ作品として成り立たないものもありますので。

「5」を普通基準として、加点、減点の方法です。

④演技

キャラクターの声のレビューになります。キャラクターのその時々での表情に対して演技として違和感がなかったか。声だけが浮いていることが無かったか等を基準にレビューします。

5を普通基準として、加点、減点の方法です。

⑤惹き込まれ度

その作品に対して私が惹き込まれた度合いのレビューになります。他の事をしながら見られるレベルなのか。他の事が手につかないくらい食い入るレベルなのか。ストーリーで惹き込まれる、映像で惹き込まれる様々な惹き込まれるを含めてレビューします。

「10」を普通基準として、加点、減点の方法です。

⑥その映画の特筆する部分

観た作品の私が考える特筆に値する部分のレビューになります。感動なのか、笑いなのか、アクションなのか。基本的には加点事項になると思っていただければ。

「0」を普通基準として、加点方法です。

 

さいごに

最初にお話しさせていただきましたが、レビューは個人的な主観がはいったものになります。人によって波長が合う作品、合わない作品あるかと思います。一人の人間の意見として参考程度に気楽に観ていただけますと幸甚です。

Enjoy animated film

 

コメントを残す