【映画情報】HELLO WORLD

「アニメ映画でちょっとした幸せを」。

アニメ映画大好きブロガー夏影です。

 

私的に非常に期待しているアニメ映画情報がありましたので今回はお伝えします。完全オリジナルアニメ映画「HELLO WORLD(ハロー・ワールド)」が2019年9月20日に公開されます。

ここ最近のアニメ映画の流れとして、「原作⇒TVアニメ化⇒映画化」の流れが主流になってきており、映画化されるアニメが非常に多くなってきています。恐らくビジネスモデルとして成り立つと認知され、多くの作品が進出していると思われます。

そのような流れの中での完全オリジナルアニメ映画。監督は「時をかける少女、サマーウォーズ」で助監督を務めた伊藤智彦監督。キャラクターデザインは「けいおん!」の堀口悠紀子さん。

ストーリーとして中核を担う脚本は、アニメ化が決定している「バビロン」シリーズの野﨑まど先生。スタッフ陣も豪華な顔触れがそろっていまして、非常に期待をしています。

しかしながら、「君の名は。」以降、オリジナルアニメ映画が増えてきて嬉しいのですが、なかなかヒットしていない現状もあります。「HELLO WORLD」がもう一つの起爆剤になれるのか。ぜひ注目して観に行きたいと思います。

公開情報

公開日:2019年9月20日

期待度:★★★★★★★★☆

公開劇場:公式サイトからご確認を

夏影
ここまで豪華なスタッフが集結するとは!初秋で一番注目のアニメ映画かもしれません

あらすじ(公式サイトより抜粋)

「お前は今日から三か月後、一行瑠璃と恋人同士になる」

京都に暮らす内気な男子高校生・直実(北村匠海)の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミ(松坂桃李)が突然現れる。ナオミによれば、同級生の瑠璃(浜辺美波)は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。

「頼む、力を貸してくれ。」彼女を救う為、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。

世界がひっくり返る、新機軸のハイスピードSF青春ラブストーリー。

たとえ世界が壊れても、もう一度、君に会いたいー

コメントを残す